芸術家って変わり者が多い? それほんと?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

芸術家ってどんなイメージがしますか?

おそらく「変わり者」「変人」ていうイメージが

一番多いのかなと思いますが。

という私も、画家=芸術家ということなので

そうみられているのかもしれませんね。

確かに、私は自由であることが好き。

その「自由」な姿は、見る人によっては「変わり者」と

映ることもあるのかな。

今回は、Rinなりの「芸術家」という視点からのお話を

ご紹介していこうと思います。

 

衝撃的なアーティストとの出逢い


 

かれこれ数年前のこと。

まだパステルアート講師として、

いわゆる教室の先生という立場で活動していた頃の話。

 

当時、教室としてのアートという視点ではなく

そろそろ自分を表現していく「画家」としての未来を

イメージしだしていました。

 

「画家」=「美大出身」

の方程式が頭の中で出来上がっていた私。

「画家」として頑張っていきたいとぼんやり思いつつも

いつもその点が気になり、なかなか突き進めないでいました。

 

そんな中、知り合いの方の紹介で

美大をでていなくても、海外へも進出するなど

アーティストとして活動をされている方とお会いすることになりました。

 

その際、色々なお話をさせていただき

その後もメッセージをやりとりしながら

ゆるやかな関係が続いていました。

 

それからしばらくたったころ・・・

ある日突然その方から一方的に私を攻撃?するようなことばや

講師としての活動をしていることを否定するようなメッセージが。

 

正直、頭の中は真っ白。

「え?私・・・なにかしました??」そんな状態。

 

つい数日前までメールのやりとりもして

アートのことなど色々と話をしていたのに

あまりの急変ぶりに、ちょっと怖い体験をしました。

 

後から思えば、私に紹介をしてくださったかたと

なにやらトラブルがあったようで

その方繋がりの人はすべて切りたかったようですね。

 

支離滅裂な内容の一方的な怒りの言葉でしたので

どうにもできず、ただ聞くのみ・・・。

きっと溜まっていた色々なことを吐き出したかったのかなと。

私がそれを受ける役割だっただけなのでしょう。

 

ただ言えることは、

その時その時、人には関り深い人がいて

あんなに仲良しだったのに、だんだんしっくりこなくなってくる。

それはいつでも誰とでも起こりうることなので

お互いに立っているステージが変化しただけのことであるので

自分の中では処理出来ている・・・と思いつつ

そのままいつの間にやら時は過ぎていましたが

 

私の中で「芸術家」=「怖いイメージ」

潜在意識に定着していくことになっていたようです。

 

思い込みって恐ろしい・・・


 

以前のその経験からトラウマ?がある私。

 

ですが、画家として活動していく為に

美大をでていない私にはアートに関する情報が乏しいので

そういった情報交換ができる仲間との出逢いも必要と思った私は

いろいろな場所へ勇気を出して参加していくことにしたのです。

 

SNS上を探せば、色々なアートグループがあるんですよね。

早速、これ!とおもったグループに参加してみることに。

 

そこには、全国各地でプロとして活動をされている方や

趣味として絵を楽しんでおられる方、

色々な方々がいらっしゃいます。

 

そして、そこからアートをとおして繋がり

「素敵な絵を描く方だな」と思ったときは

実際にそのかたの展示会に行ってみたりと

お会いする機会を持つようになりました。

 

そうするうちに、今までのトラウマが嘘のように

なくなることとなっていくのです。

 

すべては私の思い込み。

たった一度の経験を

未知の世界であるアート界への不安が

さらに大きな不安・トラウマへと

勝手に思い込ませていただけだったのです。

 

人柄は絵に現れる


 

つい先日、SNS上で繋がらせていただいている方の

グループ展へ行ってきました。

 

愛知県在住エアブラシアーティストの池田共弥さん。

 

体も鍛えられているそうで、筋肉マッチョ体形のその容姿から

とてもパワフルな絵を描かれるんだろうな~とおもいきや

描かれるのは、こんなに柔らかで透き通るような優しい絵。

このギャップがまた、彼の好感度を上げている要因なのかもな?

と勝手に分析。

 

実際にお話をしてみると、とっても好青年!!

周りにもよく気づかいをされていて、

池田さんにご紹介いただき、その会場にいらっしゃた

他のアーティストの方とも繋がらせていただいたりと

とても素敵な方でした。

 

実はこの日は、月1、体のメンテナンスのため

都内まで整体に出かけていたんです。

整体に向かう途中、たまたま池田さんのタイムラインを見た私。

 

「今日は池田さん、在廊の日!って書いてある。

整体終わったら、ちょっと足を延ばせば行ける距離だし

終わったら行ってみよう!」

 

早速、池田さんへメッセージをしてお会いできることとなりました。

 

最後に


 

ちょっとでも 「あれ?気になるな」 「行ってみようかな?」

の気持ちが浮かんだときは、その心に従うのが一番!

池田さんお一人だけでなく

さらにアート界の方との繋がりが広がった一日となりましたから♪

 

最近、アート界の方と知り合うことが増え感じてきたこと。

 

「私が好きだなと感じる絵を描かれる方は

皆さんとても話しやすく気さくな方が多い!」

 

ということ。

 

人それぞれ、好きな絵のタッチ、絵の雰囲気、世界観は

違うと思うんです。

 

そこが一致した時というのは、

その人と共鳴する部分が多いということ。

だから必然的に、実際に話をしてみても

既に共通点が多いために通じる部分も多い!

のではないかなぁとRinは思うのです。

 

あなたにもきっとある

「思い込み」のブロックを外してみる

世界はさらに広がっていくかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*