絵のタッチが劇的に変わった出逢い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「人は一人では生きていけない。」

よく耳にする言葉ですよね。

食事をするにも、仕事をするにしても、

全て他の人の助けがあるからできるのです。

専業主婦から資格を取り、活動をしていく中で

私は何人かのメンターやキーパーソンとなる方と出逢うことになりました。

そこで自分にない知識、技術などを学び

時にはお互いの能力を足し算して新たな講座を生み出したりと

一人ではできなかったことを色々と形にすることも経験してきました。

その中でも今回は私の絵のタッチが激変することになった出逢いをご紹介します。

 

キーパーソンとの出逢いは巡り巡ったご縁から


私は知人の紹介で、ある心理学の先生に出逢いました。

先生は私の心の在り方を教えてくれたメンターのかたで

先生との出逢いがなければ

間違った方向にきっと進んでいったと思うので・・・

 

となると今の私は無い!といってもいいくらいの先生です。

 

自分がメンターと思えるということは

やはり考え方、思考、好むものも比較的似てきますよね。

そんななか、先生が招致してヨガの新妻先生の講座を開催されるということに。

 

当時私は、絵の方向性に迷っている真っ最中。

夫とも色々かみ合わないことも多くてメンタル的にやられる日々。

メンタルが落ちると絵なんて描こうと思えない状態だったので

心を穏やかに過ごすため、「瞑想」にはとても興味があったのです。

 

でも・・・なんとなく私の中で「瞑想」=「あやしい」

というイメージができていたので

 

「瞑想か・・・興味はすごくあるけどちょっと心配。

でも先生がとてもおすすめの方なら大丈夫かな」

 

若干不安ながらも参加してみました。

 

勇気をだしたその一歩が世界を激変させる!


実際にワークを受け、新妻先生ともお話をして安心した私は

新妻先生オリジナルの呼吸のヨガ「ヴォイス・ヨゥガ」に参加することに。

 

もう私の潜在意識レベルで「これは今必要!」と感じていたのでしょうね。

色々なエネルギーワークから深い瞑想。

そして初めて体感する感覚

 

散々瞑想は怪しい・・・と疑っていたのですが

実際体感してしまうと疑いようのない感覚になり

怪しいという考えが間違っていたことに気づきました。

 

そして何より一番変化したことは・・・

 

毎回参加するまえには、日々の色々なことを抱えてきているので

もちろん心はもやもやがある状態。

会った瞬間、いつも新妻先生には「なにかありましたかぁ?」

気づかれてしまうくらいで。

 

ワークを終えると、それはそれは気持ちがすっきりと澄み渡る感覚になるんです。

そして帰宅して絵に向かってみると・・・

明らかに絵のタッチが違う!

同じモチーフを描いても、浮かんでくるイメージが違う!!

 

そのとき描いた絵がこちらです。

 

1年前に描いた金魚はこちら。

 

もうね、明らかに透明感が違う絵になりました。

これには私自身も一番びっくりして。

 

心の状態が、こんなにも絵に反映されるのか!?と。

この瞬間から私にとって新妻先生は

私の人生を変えるキーパーソンの一人となったのです。

 

私が画家となのれるようになったのも、すべてはこの体験があったから。

新妻先生のヨガに出会えたことがきっかけになったから。

さらにそれは、心理学の先生に出会ったから繋がったご縁。

 

のちに新妻先生とは、一緒にワークショップを企画したり

私の個展にも来てくださったり、瞑想会に参加したりと

ゆるりとした関係が続いています。

新妻先生とアニーさん。

 

新妻先生からのご縁で、アニーさんは私のパステルアート講座門下生となりました。

ほんとにありがたいばかりです。

最後に


「瞑想」というツールがその時の自分にとても必要だと感じていた私。

その感覚は結果的に当たっていました。

ただ、それをどこで学ぶのか。

 

ヒーラーの友人などにも教えてくれるか聞いたこともありましたが

その時は結局つながらなかったご縁。

私にとってそのタイミングではなかったから

繋がらなかったのだと思います。

 

でも、人って願ったことを言葉に発し続けていると

不思議と必要な情報って目の前に現れてくる。

その情報をキャッチするかしないかで

人生は大きく変わっていく。

 

すべてはご縁で回っている。

そして出会いは偶然ではなく必然!

 

につきますね。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*