「絵心ない」と思う方でも楽しめるパステルアートの描き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

以前の投稿で、リアルに描くことだけが

アートではないとお伝えいたしましたね。

色を塗り拡げていく、塗り重ねていくだけでも

立派なアートになるんです。

 

それに関しての記事はこちらをご覧くださいね。

「絵心ない」は思い込み!?リアルに描ければ絵がうまい人?

では、実際どうやってアートを楽しむのかという実践編。

今回はパステルを使用して方法をお伝えいたします!

 

用意するもの


①パステル(100均一で売っているのでOK)

②スケッチブック(はがきサイズくらいのもの1枚)

③カッターマット (ハサミを使用する場合不要ですがあれば、尚良い)

④カッター もしくは ハサミ

⑤茶こし(パステルを削るために使用)

⑥消しゴム(ほかに練り消し、ペン型消しゴムもあれば便利)

⑦コットン もしくは メイクブラシ(余分な粉を払うために使用)

⑧お手拭き もしくは ウェットティッシュ(手をふくため使用)

⑨お好きなクラフトパンチ(100円均一でも購入可能)

そのほか、パステルを描くうえで必要なものは

こちらの記事をご確認ください。

100円均一でパステルアートの画材は手に入るのか!?

 

ダイソーパステルとヌーベルカレーパステルを比べてみよう


私が通常、自分のパステル画を描く際は

ヌーベルカレーパステルダイソーのパステルを両方使用しています。

 

それぞれどんなもの?

ヌーベルカレーパステルは、パステルの中でもハードパステルと言われるもの。

堅めの素材の為、パステル特有の柔らかな表現を活かしつつ

エッジを活かした細かな表現などにも使用できます。

ダイソーパステルは、ハードパステルというよりソフトパステル寄りですね。

堅さとしては、パステル鉛筆と同じくらいでしょうか。

 

使い心地は?

では、実際に塗った感じがどのようになるのか試してみましょう。

 

同じような色を選んで、スケッチブックに塗ってみました。

ダイソーパステルは、発色は良く、どちらかというと少し荒い印象。

ヌーベルカレーパステルは、色のトーンが少し落ち着いていて

どちらかというとダイソーパステルよりもきれいに塗れる印象。

消しゴムで消してみると・・・

ダイソーパステルのほうが、粒子が荒いのか、

紙に色が入り込みすぎないようで、消したときに消しやすかったです。

実際にパステルでアートを描いてみましょう!


①スケッチブックを1枚用意します。(今回ははがきサイズを使用)

②茶こしを使って、紙の上に直接好きな色を削り出し

指を使って塗っていきましょう!

 

③波型のテンプレートをつくり、画像のように消していきましょう。

ダイソーパステルと、ヌーベルカレーパステル。

それぞれを描いてみるとこんな感じになりました。

 

④余った紙に、クラフトパンチを使って作った型を用意しておきます。

 

⑤色を塗った紙の上に、この型をのせて、中を消しゴムで消しましょう。

 

⑥お好きな場所をいくつか、型を使って消していきましょう。

⑦フィキサチーフを使って定着させましょう。

 

⑧簡単パステルアートの完成です!

 

最後に


 

いかがでしたか?

リアルに対象物を描かなくても、この完成品を額に入れたら

もう立派なアートになりますよね。

これが「絵心なくても簡単きれいに描けるパステルアート」の魔法!

 

絵を描くことに対して、いきなりハードルをあげなくても

こうやって色を塗り拡げていく、指で塗り拡げていく感触を感じ

1枚の絵を完成させた時の達成感。

 

そこを感じるだけでも、普段使わない感覚を体験することで

きっとリフレッシュされたのではないでしょうか。

 

アートを身近に感じる体験をぜひチャレンジしてみてください。

 

日々の生活からちょっと離れてみる体験をすることって

大人になればなるほど大切な時間になりますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*