色彩の癒し効果のさらにむこうへ

「癒し」ということばから

あなたは何を連想しますか?

セラピー?マッサージ?ペットと戯れること?

旅をすること?ひとそれぞれ癒しの価値観て違いますよね。

私自身は、絵を描くことで心が満たされ癒された経験があり

最近ではあることがきっかけでより深めてお届けしたい・・・

との思いが強くなってまいりました。

そしてRinは、とあるチャレンジをすることにしたのです!

 

自分自身の最高の癒しを求めて

 

私が癒されると感じることと言えば・・・

 

「海や緑の多いところへ行くこと」

「絵を描くこと」

「子供たちと過ごすこと」

「マッサージを受けること」

 

などなど色々あったのですが

数年前の大病をきっかけに

やけに「音」というか「響き」

興味を持つようになったのです。

ですが、もともと楽譜も読めないし

ねこふんじゃったも引けないような音楽音痴。

音階のあるもの、メロディーには凄い抵抗感。

 

でも、なぜか惹かれるので

私にぴったりの「響き」を感じられるものを

探していたんですよね。

 

あの、体のなかに響く

 

「どぅ~~~~~~ん」

 

とくる感覚は、心身ともに癒されることに気付いて

誰かの演奏とかではなく

自分自身、日々体感できるようになりたいと

感じるようになりました。

 

そこで浮かんだのが・・・

「二胡」「ライアー」「カリンバ」「遊琴」

「シンギングボウル」「クリスタルボウル」

 

なかでも、瞑想の先生が以前もっていたのをみて

気になっていたシンギングボウル

とても惹かれるようになったのです。

 

そんなとき私はあるシンギングボウル奏者に出逢いました。

 

 

きっかけはイベント!?

 

ライブペイント枠で出展することになった

とあるイベント。

 

神にささげる舞、歌、ハンドメイドや劇・・・

そこには様々なスキルをもった

人たちが集まっていて

その中に、シンギングボウルを演奏している方が一人。

 

イベントの空き時間

セラピーを体験させてもらったところ

「この感覚・・・もとめていたものなんじゃない!?」

 

そう感じた私は、早速彼女に話を聞いて

確かな知識と技術を持ったシンギングボウル奏者のかたを

紹介していただいたのです。

 

そして、そのかたの演奏を体験し

 

「やっぱりこれ・・・これだ!」

 

と私はその奏者の方を先生として

習いに行くことを決め

先日、無事にシンギングボウルセラピストとなることが

できました。

 

画家なのにシンギングボウルセラピスト?

 

きっと、絵描きなのになぜまたセラピストなの?

と思われるかと思いますが

私の中ではちゃんとした理由があります。

 

今まで個展やSNSなどでも

「希望の光と癒し」をテーマに作品を生み出しておりました。

ひかりの樹 ~reborn~

その部分は変わらずに、闘病をきっかけに

より自分の体の為によさそうなものを

より絵を見てくださる方たちも

癒され元気になって幸せになれるようなものを

追及していきたい思いがあふれてきて

 

「自分の作品を背景に、シンギングボウル演奏をしたら

作品からの癒し効果とともに、更に体の中まで響く

癒し効果を感じていただけるのではないかな。」

 

実際に自分をイメージしてみたところ

なんだか不思議と

作品を背景に演奏している自分のイメージが湧いたのです。

 

イメージが湧くということは

すでに私の世界の中では実現できていることなので

迷いなく実行することができたんですよね。

 

シンギングボウルって怪しくない?

 

ぱっと見ただけでは

 

宗教チックでスピっぽくてなんだか怪しい・・・

そう思われがちですが

知っていただくとそうでないことが分かるはず。

 

シンギングボウルは、約3000年ほど前より

ネパール仏教やチベット密教に伝わるとても神聖な法具です。

奏でられる音(倍音)は、体の中まで響き渡り共鳴し

心身ともに深い癒し効果をもたらすものです。

 

人の体の約70%は水分でできていて

シンギングボウルの音や響きはその水分に共鳴して

細胞レベルで滞っている「氣」を流してくれるのです。

 

世の中全てのモノ、もちろん私たち人間も常に振動していて

それぞれ固有の振動数を持ち互いに影響し合っていますよね。

ですから、シンギングボウルの体に心地よいとされる響きと

共鳴することで、体も細胞レベルから整えられていくのです。

 

ですから、スピ的なとか霊的なとか宗教的だとか

「怪しい」という言葉はしっくりこないのがわかると思います。

(といってもこれは私個人の解釈ですが)

 

私のことを知ってくださった方みんなが

私の作品で心が癒され、そしてその作品を見ながら

シンギングボウルの倍音でよりリラックスして

元気になって帰っていただく。

 

私もハッピー!みんなもハッピー!

最高じゃないですか!!!

 

最後に

 

そんなわけで、今後の個展の中でも

シンギングボウル演奏を取り入れてまいりたいと思っています。

 

絵を見ながら、深い癒し体験もできる個展

なかなかないかと思います。

 

ご興味ございましたら是非いらしてくださいね。

 

・・・急に画像をのせることができなくなって

文字のみの文章・・・なんてこと・・・

だれか詳しい方直し方おしえてくださーーーーい(切実・・・)

 

 

 

 

 

展示会のおしらせ《2018年11月~》

ハロウィンのお祭り騒ぎが終わり11月に入り

あっというまに町はクリスマスムード。

私は冬生まれだからでしょうかねー

寒い季節が来るとなんだか嬉しくなるんです。

町中がイルミネーションでキラキラして

みんなの気持ちもなんだか盛り上がてくるし♪

リゾート地のような暖かな気候もいいけれど

なんとなくこの時期は特に好き。

ま、私の好みはさておき・・・

続きを読む

描く気になれない・・・スランプの時どうする?

毎日あふれるようにアイディアが湧いて

私は絵を描けるんです!

そう言い切れる方は、天才ではないか!と

私は思います。

日々の生活がありつつ絵を描いている状況の中

絵を描けなくなる・・・いわゆるスランプというものは

少なからずあるのではないでしょうか。

今回は、普段スランプに陥った時の

私の復活方法についてお話したいと思います。

続きを読む

「好き」を発信し続けることが何より大切な理由

私は、資格を取得し活動し始めたのが2012年の春頃。

そこから、アメブロ、Twitter、Facebook、Instagram・・・

いろいろな場面で自分の「好き」を情報として

発信してきました。

今回は、自分の「好き」を発信し続けていくことが

何故大切なのか・・・ということをお話したいと思います。 続きを読む

個展開催に必要な9つのものをご紹介

アーティストであれば、いつかは開きたい!と思う展示会。

個展にグループ展、いろいろタイプはあると思います。

では、いざ展示をするとなった時

いったい何を用意したらいいの?

そんなかたのお役に立てればと私が実際に開催した際に必要だったもの

あったらなお良し!なものなどをご紹介します。

続きを読む

初個展から1年後…2回目の個展への不思議な繋がり

身近にアーティストの知り合いがほぼいなかった私にとって

個展と言っても何をどう進めていいのかわからないまま

開催した初個展。

あーすればよかった、こうすればよかったが色々でした。

そしてご縁あって2回目の個展を、初個展からちょうど一年後

開催することになったのです。 続きを読む

横山大観から感じた「絵を描く」ということ

あなたは美術館へは足を運ぶほうですか?

美術館や博物館などへ行く理由は人それぞれですが

もともと美術館にほとんど興味のなかった私が

今では月1くらいでは何かしらの展示に足を運ぶには

それなりの理由があるのです。

続きを読む

「天職」にであうと人は導かれていく

「私の天職ってなんだろう・・・」

数年前までの私がずっと思ってきたこと。

「このまま日々過ごしていっても

私の人生ってなんだろう・・・

何が残るんだろう・・・」と。

ですが、ここ最近思うのです。

私が画家になる今までの流れを感じて

これって天職なのでは?って。

続きを読む