頑張り屋さんのあなたに読んでほしいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

つい最近までの私は、それこそ「私が頑張りさえすれば」

「皆のためになるなら」と、ちょっと無理をしてでも

それも無意識で動いてしまってばかりの状態でした。

ですが、そんな状態は長くは続けられるわけがないのです。

そう。 必ず限界を迎えることになります。

意識しての行動ならまだしも、無意識でやってしまっていたのですから

それは大惨事になりました。

今回は、そんな私の経験談を。

 

仕事を頑張りすぎる人の特徴とは?


 

人は、色々な心理から頑張っていなければいけないと思って頑張る場合と

何か思い描いているゆるぎない目標があって夢中で頑張る場合と

パターンがると思います。

 

例えば前者では、

自分軸はなく、他人軸で動いてしまっている場合。

 

この場合、結果を出して評価してもらいたい・・・

皆に認めてほしい・・・など。

 

本当の自分の気持ちを抑えて、周りに奉仕をしたり

どう見れられるかが根本になるので

頑張っても頑張っても心の底では楽しくなくなってきて

果てには苦しくなって、鬱になってしまったりすることも。

 

もちろん、誰かのためになる何かをするってことは

事業をしていく上でも大切な事。

 

「人の為になること」を続けていくと仕事になっている!

 

素晴らしいことですよね。

間違いじゃないです。

ただ、そこでは「必死に」ではなく「夢中」になれること

第一前提なのです。

 

その逆に、「夢中」になれることを行っていたとしても

夢中だからこそ陥ってしまう罠があることも!

 

 

「人の為」になれることが嬉しい!それほんと?


 

今でも私自身、自分ができることが人の為になるということに

幸せを感じるといいますか、ついつい人の為にと動いてしまうタイプ。

(良い人ぶっているわけでもないことをご理解くださいね。)

 

家庭では家族のために自分の力以上に頑張るし

講師という活動のなかでも、儲けよりも喜んでもらえるようにと

そこがとにかく一番に来ていたのもあり

正直なところ、活動自体はボランティアのような状態になっていました。

 

要は、忙しいし、動けば動くほどお金は出ていくし

体はどんどん疲れていく状態ですね。

まったくの悪循環でしかない。

 

なかでも、とある事業に関わりそうになったことがあり

その話を進めていけば進めていくほど

私自身は採算が取れないのがわかる。

まさに、人の為にはなっても収入につながらない

ボランティア活動状態。

 

でも、そのために動いてくれている人の気持ちを考えると

苦しくても今更「無理です」とは引き下がれない状況・・・。

 

最終的にはだれが考えても無理な状況となり

その話は無くなることになったのですが

その最終決断を出すころには

私自身が体調を酷く壊し

血尿が出るレベルまでになりました。

 

もう、心身ともに悲鳴を上げていたのです。

 

いくら「人の為になれることが嬉しい」といっても

自分自身が壊れてしまっては元も子もない。

 

はっきり言ってしまうと・・・

 

「ボランティアは、心身ともに、

さらには経済的にも余裕があるときにこそ

やっていくようにしよう!」

 

と思うようになったのです。

 

これは、心に我慢ばかりをさせて

体調を壊した経験から私が得た答え。

 

まずは自分自身が人の為になることで

稼げるようになることが一番。

その為に全力で頑張ろう!

そこまで行けたときに、自分が得たことやモノを

周りに還元していくことで

人の為になることも

さらに大きな力で出来るようになる!

ということ。

 

「人の為になること」をしていきたい。

そう思ったら、一度ここを心のどこかで考えてほしいのです。

昔の私の様にならないためにも。

 

「夢中になれること」で生きているあなたへ


 

「夢中になれること」

そう! 天職で働けている方に陥りやすい罠があるんです。

お分かりになりますでしょうか?

 

天職で生きていらっしゃる沢山の方に

私も今までお会いしたことがあります。

 

それはもう、毎日楽しそうに自分を活かして活動され

大成功をされている。

そんな方は皆さん、本当にキラキラと輝いておられます。

 

ですが、ついつい大容量の仕事でも

出来てしまうがゆえに

楽しいがゆえにかなりの量を一人で抱えてしまいがち。

 

自分自身では、難なくできてしまうことなので

苦痛すら感じていなくても、肉体にはやはり負担が来るのです。

 

突然ダウンして入院!

なんて状態になった方をみることもしばしば。

 

この記事内でも書いたように

私自身もダウンした経験もあるので

天職に出逢われた方だからこそ

意識をしてONとOFFをしっかりとしたほうがいい

と思うのです。

 

天職なだけに、溢れ出す膨大な量の知識を

形にしたいという想いも強いはず。

 

わかります!

わかりますよ!!

でも倒れてしまっては、その事業すら回らなくなる。

逆に悪い状態になってしまう。

 

だって、あなたは一人しかいないのだから。

 

今まで様々な経験をされている事業主の方は

逆に皆さんそこらへんはちゃんとわかっておられるので

常に体のメンテナンスは大切にされています。

 

ですが、私のように一人で活動をしている場合

「いきなりの強制終了」がかからないように

意識して心身ともに休めるってことは

本当に大切な事!なんです。

 

最後に


偉そうにあれこれ書いてきたように思えるかもしれませんが

これは一番私自身に言いたいことでもあるんです。

 

インスピレーションが湧いて作業が捗るのは夜中の私。

 

いったんスイッチが入ると、朝方まで描いてしまいます。

でも、子供たちを学校へ送り出す役目もあるので

6時くらいには起きなくてはいけない。

 

もういい年齢になっていますので

1年前は平気だったことがだんだんしんどくなっていく。

 

日に日に体感しているので

なんとか時間の使い方を見直して

意識をして体を休め大切にすることも考えないと!と

一番自覚しているので

ここで書かせていただきました。

 

何をするにも健康が一番です!

 

体あってこそ好きなことも思う存分できるのですから。

 

お互いに気を付けてまいりましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*