絵に「命」を吹き込む瞬間っていつ??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もともと私は風景画や花が好きなので

花の絵を描いていることが多かったんです。

ですが、そのうち「うちの犬を描いてもらえませんか?」

とか言われるようになって。

いざ描いてみたときに、絵の中の生き物にふと命が宿る瞬間を感じるように。

人それぞれその「ハッ」っとする瞬間があるとおもいますが

私の場合は?ってことでお話しますね。

生き物が苦手!絵心ないわーと思った体験


 

以前、月彩画家の旅でもお話しておりますが

私には「絵心ない!」と確信した出来事がありました。

 

OL時代、休み時間に先輩と

メモ紙に落書きをしていた時のこと。

 

 

先輩はとーってもかわいらしいウサギの絵を描いていて

私も先輩に促されるまま描いてみることに。

 

すると・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・・・・

 

 

か・・・

可愛くない・・・

むしろ・・・

・・・・・・・・

 

こ・わ・い

 

きゃ~~~~~~~~!!!!

 

そのころから

絵を描くときはリアルに真似しようと描くタイプだったようで

怖い原因は

そのリアルな目だったことに気が付きました。

 

それ以来、もう絵を描くこと

それも落書きですら拒否反応が!

 

生き物を描くこと自体が、もう

 

「む~~~~り~~~~~~~~~~!!!!」

となったのです。

 

描いていて一番緊張する場所とは・・・


 

それから絵とは無縁の生活を送っておりましたが

色々と経験していく中で

「パステルアート」の講師資格を取ることに。

 

レッスンのモチーフを考えるにも

やはり可愛らしい生き物のモチーフは人気。

 

生徒さんたちにも楽しんでいただきたい思いから

私は「苦手なんです・・・」

逃げてばかり言っていられないので

がんばって考えましたよ~。

 

そこで生まれて人気だったものがこちら!

 

我ながらかなり頑張った!

ですので、目をつむっているのを描くのが精いっぱい(笑)

 

いかに可愛く動物を描くかと考えたとき

やっぱり重要な場所・・・

 

それは・・・

 

・・・・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

それはやはり「目」なんですよね。

 

 

目の形、位置次第で

可愛くもなれば怖くもなる!!

 

 

そして、目を描きいれることで

今まで平面的な世界に

一気に命が吹き込まれるんです。

(厳密には、そんな風に感じるのですが)

 

描いているときの私の感覚では

 

目を描きいれる前は

 

「う~ん・・・

なんだかいまいちパッとしないなぁ・・・」

 

そして目を描きいれた途端

 

「お!!!活き活きいしてきた!!!!」

 

それも、瞳の輝きでもある「白い点」を描く時が

とても神経を使う。

 

描いた生き物に

一気に命が吹き込まれる瞬間だから。

 

 

だからこそ、一番描きいれるのに

緊張する時なんです。

 

 

人によって絵を描いていて重要なポイントは

他にもいろいろとあるのでしょうね。

 

皆さんは、どこを描く時に一番緊張して描くのでしょうか。

 

よろしかったら私にも教えてくださいね。

 

ではでは今日はこの辺で~

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*