私が日本画に惹かれる訳・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アート好きな皆さんは、やはり自分が好きな画家さんや

画風、ジャンル等それぞれあると思うのです。

最近ですが、私が好きな絵のジャンルはこれか!と

思えるようになってきたので、今回はそんなお話を。

 

日本画に見せられた瞬間


 

絵を描くようになって

美術館や企画展などへ足を運ぶことも増えてきました。

 

 

当初はアート巡りの好きな友人もいなかったので

一人でピンときたところを見に行くといった感じ。

 

ですが、ある時SNSを見ていたら

タイムラインにとある投稿が目に留まりました。

 

「おひとり様アートツアー」

 

お笑い芸人でもあるアートテラー・とに~さんといく

おひとり様での参加をメインにしたアートツアー!

 

見つけた瞬間・・・

 

「行ってみたい!!」

 

もう心の声に導かれるまま

参加ボタンをポチっとしてましたね。

 

そのツアーで、根津美術館岡本太郎記念館を巡り

アートの楽しみ方

日本画の魅力を知ることになるのです。

 

 

「アレ」を使うと楽しさ倍増


 

とに~さんのアートツアーでは

とあるアイテムをご紹介いただきました。

 

それは・・・

 

ビクセンの「単眼鏡」

 

詳しくは、ビクセンのサイトで

ちょうど、とに~さんが紹介されています。

 

⇒ 単眼鏡が広げる美術鑑賞の世界

 

 

美術鑑賞で「単眼鏡」!?と思った私。

 

ですが、いざ使ってみると・・・

 

至近距離では見えなかった

描き手の繊細な色やタッチがわかるではありませんか!

 

ビクセンの「単眼鏡」欲しくなりますよ。

 

アロマな日本画!?


 

以前、月彩画家の旅の中でもお話したとおもうのですが

とある画家とある絵を見た瞬間

私自身、不思議な体験をしたことがありました。

 

それは・・・

 

川端龍子の一つの作品で

桃を描いた作品。

 

 

作品名もちょっと思い出せないので

桃のイメージ画像ですが・・・

 

その作品の目の前に立った瞬間

ふわっと桃の香りがしたんです!!

 

一瞬・・・

 

「あれ??」「まさかね~?」

 

と思って、次の作品を見て

でもやっぱり気になって戻ってみると・・・

 

「あれ?やっぱりするよね???」

 

今までそんな経験はしたことがなかったので

絵の下にアロマでも仕込んであるのかと思って

覗き込んだくらいでしたが

なんの仕掛けもあるわけがなく・・・。

 

きっとこれは「共感覚」というものなのでしょうか?

 

共感覚とは・・・

一般的に言われている感覚だけでなく

一部の人には違う種類の感覚をも生じさせるという

ある意味特殊な知覚現象。

音に色を感じたり・・・文字に色を感じたり・・・

 

ただ単に、自分の中の桃の記憶と香りが

よみがえってきただけなのかもしれませんが

 

その時の体験が強烈だったのもあり

日本画の繊細さに惹き込まれることとなったのです。

 

最後に


 

西洋画が好きな方もいれば

イラストが好きな方もいれば

私のように日本画に惹かれる方もいる。

 

人それぞれ生きてきた環境

感じてきた感覚も違うので

 

たまたま私にとっては

この「香り」というものがスイッチとなり

「単眼鏡」で見た日本画の繊細さに魅了されて

好きになったということ。

 

皆さんはどんな絵に惹かれますか?

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*