大人になってからでも絵は上達できるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私自身、絵にはとても苦手意識がありました。

リアルに描こう、描こうと頭で考えてしまうタイプで

可愛い絵が全く描けない・・・。

そんな私が、今では絵の講師に!? 私が画家に!?

人生何が起こるかわかりませんね。

私が絵の道へ進み始めたのはつい数年前のこと。

絵とはまったく縁のなかった私が

大人になっても絵は上達できる!ということを

今では体感しています。

では、どのようにして画家となったのかを

今回はお話していきますね。

 

絵がうまくなるとどんないいことがあるのか?


 

心を癒す効果!

私が初めてパステルアートを体験したころ

子育てのことなど色々と心がモヤモヤしている時期でした。

ただただ無心に、目の前の紙に色をのせていく・・・

描き終わると、不思議と心がすっきりとして笑顔になれたのです。

 

これは、初めてパステルアートを体験して

自宅に帰ってどうしても絵も描きたくなって描いたもの。

決して上手ではないです。

でも、この時はとても心地よくて楽しかったのを覚えています。

 

人には、言葉には言い表せないような気持を抱えていたりするもの。

「心」を絵に描くということで表現していくということは

心を癒してくれる効果がある!

 

精神疾患の治療としても

「芸術療法」は今日広まってきていますね。

 

右脳を活性化!クリエイティブ脳に

 

人の脳は、右脳と左脳に分かれます。

左脳は、思考や論理を司る人間的な働きをしています。

一方、右脳は想像力、直観力、ひらめき力など

つかさどる場所。

右脳を活性化できるようになると、

いつもと違うアイディアを思いついたり

違う視点から物事を見ることもできるようになるので

世界は広がっていくことになりますね。

また、近年では営業マンなど企業の研修としても

右脳を活性化するもくてきとして

絵を描くことを勧めているところもあります。

 

自分に自信が持てるようになる

 

SNSなどで自分が描いた作品を見てもらったりしているうちに

 

「Rinさんの絵は癒されます。ありがとう。」

「見ていてほっとしました。」

「私にも絵を描いてほしいです。」

「私にも教えていただけますか?」

 

などと言っていただけるようになり

自分自身には

 

「絵心がない」「特技がない」

 

などと思っていた私ですが

 

「周りの人にこんなに喜んでもらえるんだ。」

「私にもこんな特技があったんだ。」

 

と自分自身に自信が持てるようになりました。

 

絵を始めるには年齢制限はない!


 

二児の母でもある私。

私が絵を描き始めたのは

上の子が小学生、下の子が幼稚園の頃だったでしょうか。

 

そうですね。 そこそこいい歳になってから。

 

怖いウサギの絵しか描けなくて

絵とは無縁だと思っていた私ですが

いざ「絵を描く楽しさ」を知り

 

そのうち、人に教えてみようか。

自分自身の世界を、絵の中に表現していこうか。

 

そして

 

「画家になる!」

 

その都度、自分の中の目標が少しずつ増えていき

それに必要なことは何をしていったらいいのかを考え

ひとつひとつ勉強方法を探して

画力をあげていくことに集中していった結果

今では「画家」と名乗れる自信が付きました。

 

絵を描くことだけに限らず

なにか一つのゆるぎない目標があれば

人は頑張っていけるものです!

 

一日一日、目標に近づくための努力を積み重ねていけば

絵がうまくなれないということは決してないと思います。

 

絵には思いをこめること


 

自分をただただ表現したいだけの絵も

もちろんありだと思います。

 

ですが、私の場合は絵を通して伝えたいことがあります。

 

絵は飾る空間をそっと彩るもの。

 

主張しすぎても空間に浮いてしまったり

息苦しい空間にしてしまうこともできます。

 

ですがアートとは本来、人の心に潤いを与えるものだと思うのです。

 

その絵を見た人が、ちょっと元気になれたり

ほっとできたり。

その空間をふわっと柔らかくしてくれるような思いを込めて

私は絵を描いています。

 

あなたにも、描いた絵を売る目的じゃないとしても

描くにあたって思っている気持ちがあると思うんです。

 

それを思いながら描いた絵は

少なからず見た人の心を動かすパワーがあると思います。

 

「絵は口ほどにものを言う」

 

そんな絵を描けたら幸せですよね。

 

最後に


 

結論として、大人になってからでも十分絵は上手くなります!

 

毎日描いていれば、365回描くわけですから

まったく進歩がない人はいません。

 

あとは、絵を描くことで自分が何を得たいのか。

それが明確であればあるほど

絵は確実に上手くなります!!

 

絵は常に練習し、学びの連続です。

私も日々、どうやったらもっと思うような表現ができるのか。

それを思いながら描いています。

 

過去には絵心ないと思っていた私でも

今では「Rinさんの絵が欲しい!」と言っていただけるまでに

お陰様でなりましたから。

 

年齢は関係ありません!

あなたが描きたいと思ったときが描き時。

 

「好き」でありつづけえることで

確実に絵は上手くなりますよ。

 

アートをもっと身近に

絵を描くことを沢山の方に楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*