あなたの仕事はなんの為?だれの為になっていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私は今まで、一企業で働く会社員、そして結婚をして専業主婦へ。

その後出産をして子育てに奮闘する日々。

現在では、画家という職業へと変化してきています。

その経過を追っていく中で、仕事に対する目的や意義が変化し

変化していけばするほど、その時の仕事に対するモチベーションが

変わってきています。

 

あなたの今の仕事はだれの為でしょうか?

何のためのものでしょうか?

そこを明確にしていくことで、自分の「天職」にであえるのでは!?

というお話です。

 

「仕事の3階層」とはなに?


 

ひとそれぞれ仕事に対して感じることは違ってきます。

 

生活のために働いている。

地位や名誉のために働いている。

誰かのために働くことが喜び。

お金を稼ぐことが好き。

 

などなど。

そこをさらに分類していくと、3つの階層に分けられると言われています。

下から、「JOB(ジョブ)」、「CAREER(キャリア)」、「CALLING(コーリング)」

日本の現状としては、「JOB(ジョブ)」のみで終わってしまったり

「JOB(ジョブ)」→「CAREER(キャリア)」で終わる方のほうが多いようです。

 

「JOB(ジョブ)」とは?

バイトやパート、派遣労働など、言われたことをこなしていく

いわゆるマニュアルがあればだれでもできる時間労働など。

生活のために働く仕事は、

有給を取って週末を楽しむために働いたり、

そのために仕方なく働くようになってしまいがち。

 

「CAREER(キャリア)」とは?

JOB(ジョブ)よりもさらにスキルをもった仕事

スキルによって賃金も高給となっていき

地位や名誉をえることがモチベーションになったり

その為に成果を上げていくことが動機の源となっている。

周囲はライバルとなっていき、

頑張り続けなければならないため

精神的にもきつい時もおこってくる。

 

「CALLING(コーリング)」とは?

わかりやすく言ってしまうと、天職によるもの。

自己表現や自己実現、社会貢献や社会を豊かにするための何かに

仕事の意義をもって、そのために働いている。

一定のスキルはすでに持っていて

社会問題の解決に貢献することが自己評価であり喜びの人達。

持って生まれた資質を仕事に活かせていると

仕事が楽しくてついつい没頭してしまうという状況にも。

 

生きていく中で階層は変化していく


私の場合、会社員時代はまさに「JOB(ジョブ)」そのもの。

仕事の終わる時間を楽しみに仕事をこなし

退社後は友人と遊びにいったり、習い事にいったり

ボーナスで海外旅行に行くのが楽しみ。

その為に仕事をこなしていたように思います。

 

出産し、子育てが少し落ち着いてきて資格をとり

教室運営を始めたころ。

当初は、生徒さんに楽しい時間を過ごしていただきたいと同時に

どのように集客できるか

どのように仕事として成り立たせていくかなどが優先で

活動していたので、「CAREER(キャリア)」に入ると思いますね。

 

でも、なかなか成果も出せずもやもやしていた頃

友人を介して心理学の先生からコンサル的なものを受けるようになりました。

 

そこでは、

 

何のために、誰のためにその仕事をしているのか!

 

この部分を常に考えさせられることとなるのです。

 

そのうちに、私の意識は

 

「どうやったら皆さんに楽しんでいただけるか。」

「どうやったら不安や悩みを解消していけるのか。」

 

を先に考えるようになり

活動の仕方も変化していくこととなるのです。

 

そして何より、自分がしたことで相手のかたが喜んでくれること

笑顔になってくれることにとても喜びを感じるようになり

少なからずとも、だれかの役に立っていることが

社会貢献にも繋がることにやりがいを感じるようになりました。

 

最後にRinが思うこと


 

人には色々な気質、資質があります。

得意な事、不得意なことは必ずある。

同じ仕事を二人の人にさせても、成果の出方が違うのは当たり前ですよね。

 

そして、もって生まれたほかの人よりもうまくできること・・・

その資質や経験を積んでいくと、

人生で果たしていく使命が形となってくるように思えます。

 

その使命を果たしていくことが、

誰かのためになり、社会貢献へとつながっていく

 

「CALLING(コーリング)」をもって仕事をしていくと

その人の才能はどんどん開花され輝いていくことになり

社会的にも影響のある仕事をすることとなるのではないでしょうか。

 

現状「JOB(ジョブ)」や「CAREER(キャリア)」にあっても

仕事に意義を見つけて

そこに高い価値をおいて働いているひとは

 

幸せに働いている=「CALLING(コーリング)」

 

なのではないかなと思います。

 

誰かに雇われず、自分で起業している人こそ

「CALLING(コーリング)」をもって仕事をしていくと

他者も幸せとなり、自分も幸せとなり

結果としてうまく流れに乗っていけるのではないでしょうか。

 

 

「CALLING(コーリング)」

 

今よりさらに大切にしていきましょうね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*