働きに出たい!子育てママがそう思ったら読んでほしいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私が働いていた頃は、育児休暇がそれほど浸透していなかったころ。

今となっては、出産後に女性が社会復帰できる環境も整った企業も増えて

早い段階で職場復帰するママも増えてきましたよね。

ママが働こうと思ったときは、人それぞれ・・・

子育てに思うことや家庭の環境がちがうので

自分に合ったベストな働き方を選ぶことが第一です。

 

ここでは、私がなぜ講師や画家という働き方をえらんだのかを

お伝えしていこうと思います。

どのようなスタイルで働くのが自分に合っているかを見つける


私の場合、子供が小学校くらいの間は家にいて「おかえり」を言ってあげたかったので

いざ働こうと考えたときの選択肢としては

 

①週3程度、15時くらいであがれる仕事。(パートや派遣)

②内職など

③働き方を自分で調整できる仕事。

 

が浮かびました。

パートや派遣は子育て中のママがよく希望するスタイルなので人気もあり

当時、探していてもなかなかしっくりくる募集には出会えませんでした。

 

内職は家で自分のペースではできるけど、そとの世界へ出てみたかった私には

やはりちょっと違っていました。

 

そうなると残ったものは自分で調整できる仕事がベスト。

そこで何ができるかと思ったとき、好きなことを仕事にできたら・・・

と思い描くようになりました。

 

実際どんなことを仕事にするか?


そこでまず私の好きなこと、できること探しをするように。

とはいっても暫くはなかなかこれというものに出会えないまま日々は過ぎていきました。

 

そのころママ友のトールペイント教室へご縁あって通うようになりました。

その時感じたこと・・・

 

自宅教室であれば、時間の調整、働き方も自由自在。

何より教えたことで生徒さんが喜んで笑顔になってお礼まで言われるって

なんだかとっても幸せなこと。

といっても、私には何の教室ができるのかな。

 

自分の得意なことで教室を開けるようにといってもピンとくるものが浮かばず

ぼんやりとした夢を描く日々がまたしばらく続きました。

 

するとある日、それは思いもよらぬ形で見つかることとなるのです!

 

それはたまたま入った書店にて購入した1冊のおけいこ雑誌

その本が、私の人生が激変するきっかけとなるのです。

 

それは、私の興味があった心理学とお花とカラーセラピーが一つになった資格でした。

その時の詳しいことはこちらを^^ http://rinartist.com/

取りたい資格は見つけた! でもこの時点ではまだ起業しようというようなことは

私にとって夢のまた夢のような存在だったので、

正直なところ、とにかく何のとりえもない自分に自信をつけたかったのが

今思えば一番だった気がしています。

家事をやっても、それは主婦がするのは当たり前。

自分で産んだ子だもの、子育ても当たり前。もちろん子供は可愛いから。

一生懸命やっていても、やはり当たり前になってしまったことに

感謝をしてくれるひとがいる環境では正直なところない。

我が家の場合、そこをちゃんと私が望む形で

フォローできるパートナーではなかったので。

もちろん言わなくても感謝はしてくれているといった前提でのことですが。

 

ただ、その資格を取得したい!という気持ちの本気度は

今思っても私自身すごく強かったのです。

「これしかない!」

ただその一心で、どうしても受けたかったのです。

もう私の中でスタートラインにたって準備万端!って状態でした。

 

まず、やはり夫への相談(第一のハードル!?)は必須でした。

 

そこでこれこそは!と本気モードだった私は、ある晩、夫に真剣にお願いをしました。

といのも、ずっと専業主婦であり、こっそり受講できるお金も持っていなかった私。

受講するには、それなりのまとまったお金がかかってくるので

やはり一家の主である夫には言っておかなければならなかったのです。

 

いざ相談してみると・・・

 

 

「趣味でやるならいいんじゃないの」

 

ありがたいことに、こう言ってもらってお許しをいただきました!

 

目指す目標が決まった時の人のパワーは計り知れない


そこからの私の行動力たるもの、自分でもびっくりするくらい

とにかく素早かった。

 

まずはそのお花の資格に申し込みました。

そして講座受講日程までに、すこし時間があったので

その間にまず色のことを学んでおきたい!と

カラーセラピストの1Day講座を受講しました。

 

教室を検索していたら、たまたま自転車でいけるくらい近所の場所に教室があり

それも開催日は翌日! もう申し込むしかないでしょ!?ってことで

受講日の前日夜に申し込み、翌日には受講するという速さ。

 

その先生にも「前夜に申し込みして来られた方は初めてです。」

とびっくりされたほどでした。

 

そして、お花の資格取得講座が終わりに近づいたころ

ふと目に留まった「パステル和アートインストラクター」の資格を申し込み

3か月程度の期間で3つの資格を受講完了することができました!

 

まだ小学生だった子供たちを両親にお願いして

短期集中講座として一気に受講可能な環境であったことも

私にとっては恵まれた環境でした。

 

ほんとに、周りの協力があったからこその資格取得といえますので

両親、そして受講を認めてくれた夫のお陰だったと今も感謝しています。

 

 

最後に


私は何事にしても、ことが起きる前から

 

「これを言ったら、きっとこう返事が返ってくるからやめておこう」

「これを今したら、きっと子供もいるし環境的に無理」

 

など、いつも起きる前の出来事を心配して動けないタイプでした。

人の気持ちに敏感だからこそ、そうなってしまっていたのかもしれませんね。

 

そして、その本当の自分の気持ちにふたをした状態が続けば

もちろん知らず知らずのうちに気持ちを抱えみため込んでいってしまいます。

それが何とも言い表せないモヤモヤとなって、日に日に大きくなっていました。

 

そんな私でも、潜在意識レベル、直感で「これは!」

思う気持ちに従ったからこその今がある。

その気持ちを大切にできたからこそ、あれだけのパワーをもって邁進できたんだと。

 

人ってね、ある意味直感で感じたその心のままに進んでいこうとすると

不思議と周りからのサポートがあったりとスムーズに事が運んでいく。

これがまさに人生のレールに乗るってことなんだなぁーと私自身体感したこと。

 

ある人に言われたことがあります。

 

起きてもいないことをあれこれ想像して心配するのは

降らない雨をいつまでも心配しているようなものだよ。

 

当時の私の心にすーっと入ってきた言葉。

起きてもいない未来を想像してばかりいて前にも後ろにも進めないのは

時間がもったいないなって。

 

 

社員としてフルタイムで働くのもよし!

パートや派遣で自分の生活スタイルに合わせて働くのもよし!

個人事業主としての道を選ぶのもよし!

もちろん専業主婦も素晴らしいこと!

 

まずは自分が動いてみないことには

どれが自分にぴったりの働き方なのかすらわかりませんから。

初めの一歩を踏み出すことが大切!

 

見たこともやったこともない世界なら尚更怖いですよね。

でも、案外やってみるとすんなりできたりすることって結構多い!

 

以前の私のように悩んでいる方がいたらぜひ気づいてほしい。

ほんの少し前を歩いてきた私の足跡が

あなたの未来につながるヒントになるかもしれないから。

 

いつまでも降らない雨を心配ばかりしていてはもったいないよ。

人生の時間は限られているんだから。

心配して悩んでる時間を、わくわくする未来を創造する時間に変えたほうが

きっと人生楽しくなるよね。

 

一歩前に進もうとしているあなたを、私は陰ながらいつも応援いています。

 

Rin

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*