絵を描くときに下書きはする?しない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「下書きはしてるんですか?」

よく私が聞かれること。

下書きをするかしないかはその時々で違いますが

今回は私の場合どうしているかを

ご紹介していこうと思います。

下書きをする時としない時・・・Rinの場合はどう?


 

私の場合、結論から言ってしまうと・・・

 

「はい!あまりしていません。」

 

がほぼほぼ正解。

 

頭の中で何を描きたいのかをまず考えて

そこからは感覚で思い付くままに描いていくため

1枚描く中で全体を下書きをすることは

ほぼありません。

 

色をのせるごとに頭のなかで次のイメージを繋げていく。
あるいみ連想ゲームのように、

言ってしまえばパズルを組み合わせていくような感覚。

もちろん作品によっては

下書きを部分的にしたりしますし

遠くの景色などを入れたりする場合は

イメージをデッサンすることはありますね。

 

実際どんな手順で描いているのか


まず1番に思ったこと。

 

「ハワイの海を描きたいな・・・」

 

浮かんだ場所は、ハワイのラニカイビーチ。

 

この景色を私の頭の中の世界と融合させてみたい!

そこから・・・

 

ハワイの海(ラニカイビーチ)が描きたい

  ↓ ↓

空は星空がいいな。

  ↓ ↓

なにかたりない・・・

  ↓ ↓

月をたそう! 

  ↓ ↓

島が二つある。

ツインをイメージして

好きな羽を2ついれよう。

  ↓ ↓

ツイン!?

「君の名は」みたいな流れ星もたそう!

「奏羽~ka・na・u~」


こんな流れで足し算をしていった作品。

 

下書きしない理由とする理由


下書きをすることも大切な場合とそうでない場合があります。

 

下書きをしないでい描いていくと、

1工程を進むごとに、

 

「背景はこうだから・・・手前に何を入れていこう。」

 

「背景に手前の対象物はできた。

でも、ちょっとこの辺りが空間が空いてしまっているな・・・」

 

など意識が変化していきます。

言ってしまえば、ファッションコーディネートのようなもの。

とても気に行った黄色のスカートがありました。

 ↓ ↓

このスカートは黄色で目立つから、ブラウスはシンプルに白にしよう。

 ↓ ↓

ブラウスがシンプルだから、アクセントに赤いペンダントをつけよう。

 ↓ ↓

夏らしく白のミュールを合わせえてみよう。

 

初めに頭でイメージしてみたものとはまったく別なものが入ることもあり

そこにまた新たなアートが生まれるので

そこを楽しんで描きたいのです。

 

下書きをしてしまうと、下書きに沿って描いていこうと自然となるため

その新たな発想や驚きに出逢えなくなってしまうのです。

 

逆に、下書きをするときは

例えばお客様のペットをいれたオーダーをいただいた時。

 

家族も同然のペット。

飼い主様からしてみたら、ほんのちょっとの違いでも

可愛いわが子の変化には気づかれると思うので

そのイメージを崩さないよう、

できるだけ忠実に描くために下書きをすることもあります。

 

植物や風景などは、あえて下書きに囚われることなく描いたほうが

より自然に近い状態になると思うのですが

生き物系はやはり、目の位置、鼻の位置がちょっとずれただけでも

表情は変わってきてしまうため

比較的下書きをその部分だけするなどということはありますね。

 

その時々のイメージを大切にしたい!


 

やっぱりその時々の心の状態によって
描き出される色合い、雰囲気が違ってくるんですよね。

「奏羽~ka・na・u~」 1作目

「奏羽~ka・na・u~」 2作目

描く全体像は変わっていないのですが

色合い、配置など、2作品目はまた違った雰囲気になります。

いつも感覚で色を選び描いていくので、

同じように描いたつもりでも

また別な作品になっていく

 

これも、その時々のイメージを大切にしたからこそ生まれた

また別なアートになりました。

 

最後に


 

頭の中のイメージをそのまま描き出したいなら

下書きをして視覚化しておいたほうがいいだろうし

頭の中のイメージを広げていきたいのであれば

下書きをしないで色を塗り拡げていくほうが

世界観は広がっていくのではないかなと思います。

 

ですが、ひとそれぞれ性格が違うように

自分にあった描き方があると思いますので

描きながらベストなやり方を

探していけたらいいのかなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*